raidシステムの復旧|yedataのサービスを比較してみよう|web会議に注目
男女

yedataのサービスを比較してみよう|web会議に注目

raidシステムの復旧

オフィス

HDDにおけるraidとは複数のHDDを使用することでHDDの故障時に復旧を行なうために用いられるシステムです。企業など絶対にデータが飛んでしまっては困るような状況時に利用され、最近では家庭用のPCでも利用される事があります。raidシステムを構築するとHDD故障によるデータ破損を心配することは無くなりますが、完全になくなるということはありません。例えば不幸にも2つ同時に故障してしまったり、また物理的な衝撃によって全てのデータが破損してしまった時などはいくらraidとはいえどどうすることも出来ません。こういった時はraid構築したHDDを復旧する必要がありますが、複雑にデータを書き込んでraidを実現している以上、通常通りのHDD復旧をすることは出来ません。raid専門の復旧会社に依頼することになり、復旧にかかる料金も高くなる傾向があります。
raid復旧をするためにはまず専門の復旧会社に事前に連絡し、raid構成と障害内容を伝える必要があります。実はraidは幾つかのレベルに分けられていて、このレベルによってデータの書き方が異なり、復旧方法も大きく変わります。基本的にレベルが高くなると複雑さは増し、その分料金も高くなっていきます。復旧会社によって料金の設定は変わってくるでしょうが、HDD容量で料金が設定されている場合は通常の料金よりも1.5倍から2倍程度の料金がかかると想定しているといいでしょう。連絡も完了し修復をするとなるとまずは初期診断を行ないます。初期診断はほとんどの会社で無料で行なわれていて、どのような故障なのか、またどれだけの料金がかかるかなどを知ることが出来ます。決して安い金額ではないので、見積もりが提示されたら信頼できる場所なのか、また復旧スピード等を元に会社を選択するといいでしょう。raid復旧に対応したHDD復旧会社は基本レベルの高い会社になるため、特別会社選びミスなどは起こりにくいでしょうが、勿論会社ごとにレベルには差があるため予めチェックすることは大切になってきます。